<   2004年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

今年最後のショックな・・・

出来事がありました。
28日の朝、友人から電話が入り、○地さんが亡くなりました・・・。
その前夜、ふと、まだその人に年賀状を書いていないことを思い出し、書かなければ・・・と思っていた矢先でした。
その人は、私と一緒に西目町で何かやりたいと話し合い、色々相談した末に、空き缶のプレス機を購入し、こんないいものがあるんだから・・・と、私たちと一緒に「空き缶をなくす会」を設立し、環境保護とリサイクル活動に積極的に取り組まれた方でした。
私よりは8歳も年上でしたが、気軽に声を掛けて下さり、一緒に楽しく活動を続けてこられました。
暇を見つけては、一人でスチール缶のプルタブを取っていたり、心身障害者の方々と一緒に作業されていたり・・・素晴らしい活動家でもありました。
凧の会にお誘いしたときも、西目の町の役に立つことなら・・・と二つ返事で引き受けてくださいました。
昨年3月に西目の仕事を退職され、現在は秋田市内で、厚生労働省の補助事業の就職斡旋の関係の仕事をされていましたが、膵臓に悪性の腫瘍が見つかり、切除手術も無事済み、28日には退院の予定であったそうです。

なぜこんな事があるのでしょうか・・・?
本当に惜しい人を亡くしてしまいました。
まだまだ、教わりたいことがあったのに・・・もっと楽しい酒も飲みたかったのに・・・秋田市の隣町に山小屋を建設予定でもあったそうです。
そこで、ゆっくりと酒を飲んでも見たかった・・・。
あの方の活動力には、ただただ敬服するばかりでした。

私に出来ることは、あの方の遺志を継ぎ、これからも「空き缶をなくす会」の活動を活発に盛り上げて続けて行くことだと思いますし、それが私に与えられた使命なのかも知れません。

今日、秋田市で行われた葬儀に参列し、読経の中、彼との作業の想い出、飲んで話し合ったこと、などを思い出しながら尊敬する先輩とお別れしてきました。
でも、彼は私の心の中に生き続け、いつでも叱咤激励してくれることでしょう・・・「○悦さん、もっと行動さねばダメだよ・・・」今でもあの方の声が聞こえてきます。
ありがとう、○地さん・・・あなたの教えを胸に、私もいろんな事をしていきます。
最後に、もう一度でいいから、楽しい酒を飲みたかったね・・・・。
空き缶も、演劇も、力一杯頑張ってやっていきます・・・・。
[PR]

by adroom | 2004-12-30 16:26  

クリスマス・イブ・・・・

今年のクリスマスイブは、何年ぶりかの楽しい夜でした・・・。

2年以上ものつき合いのある女の子の、誕生日とクリスマスの会を・・・ということで、プレゼントを持って、いそいそと出かけました・・・。

実は、私の甥の長女の話しなのですが。(ピンク色のクリスマスを想像された方もいらっしゃる?)

彼女が生まれてから、早いもので3年になろうとしています。
1歳の頃、あまりにも可愛いものだから、一度だけ、昼寝の時間なのに我が家に釣れてきたことがありますが、目を覚ました彼女はしばらく家の中をきょろきょろしていて、泣き出してしまいました。
やはり普段見慣れない家のせいなのでしょう。
そして、我が家に連れて行かれた・・・と聞いた彼女の父親(私の甥)は、パチンコで勝っていたにもかかわらず、慌てて私の家に飛んできて、我が子を連れ帰ったのでした。
その後、人見知りが激しくなり、どこで合っても、興味を持ちながら恥ずかしそうに隠れるのでしたが、昨夜は違いました。
初めのうちは、いつもどおりでしたが、徐々に馴れてくると、私にも話しかけるようになり、私のそばに来て、プレゼントを「持って帰ってもいいよ」とか、「これもあげる」とか話しだし、ジャンケンをしたり、だっこしてきたり・・・。
かわいいもんですね〜・・・。
まるで、自分の孫のようにして、遊ばせてもらいました。

コウジィ、コウジィ・・・と寄ってきてくれる・・・。
なんて可愛いんだろう・・・。
お年玉をたくさんやらなければ・・・と思いながら帰ってきました。

本当は、おじさんと言わせたいのですが、甥の父が私より1歳年下のため・・・やむを得ず・・・。

残念ながら、彼女の肖像権を守るため・・・写真はありません。
[PR]

by adroom | 2004-12-25 09:15  

寒そうな・・・

今日は、朝から冷たい雨が降っている。
本当であれば、朝6時に黒姫に出発する予定だったのに・・・珍しく? 仕事が混んでしまい、急遽キャンセルし、仕事をしました。
今シーズン最初の燻煙会なのに・・・次回は必ず行くことにしよう・・・。
仕事の配達で、ふと白鳥のことを思い出し、農道を中心に走ってみると、40〜50羽のグループが、あちこちに結構いました。
5カ所くらいに分かれて、それぞれが田圃の中で寄り添っています。
今日回った所を合わせると250〜300羽位もいるのでしょう。
氷雨が降る中で、いかにも寒そうに身を縮めてうずくまっています。

先日、友人に白鳥のエサの話をし、屑米でも・・・と切り出したところ、今年は、屑米でさえも売らないと生活できない!
と言われ、簡単に断られてしまいました。
台風の影響なんですが、本当に米がないそうです。
それにしても、台風の影響が白鳥にも及びそうです。
a0022752_17312390.jpg

この写真は、今年はじめて見つけたときに、空を飛んでいる白鳥もいたので、その時に撮ったものです。
今日は、車の中にカメラが入っていなかった・・・。
[PR]

by adroom | 2004-12-18 17:33  

冬とは思えない・・・

晴天と気温に恵まれ、仕事と車2台の洗車、リンゴの樹から一人前に成らなかったリンゴのもぎ取りをしました。
仕事の配達の途中、田圃の中に白鳥の群を見つけ、少し休憩です。
a0022752_16293313.jpg

今年も来てくれました。
一昨年頃から来始めたのですが、昨年は、200〜300羽くらいも来ました。
今年は、なかなか来なかったので心配していましたが、ようやく来てくれました。
でも、今年は台風の影響で稲作があまりよくなかったので、田圃の落ち穂も少ないだろうし、減反で、田圃の面積も減ったし、エサ不足にならないか心配です。
もっとたくさん来るようになったら、知り合いに呼びかけて、屑米を集めたいなぁとも思うのですが・・・。
パンくずなどを撒いてもいいのですが、撒きすぎると、春になってから、田圃に影響が出るかも知れないし・・・。
とにかくたくさん来てくれることを祈りたいと思います。
[PR]

by adroom | 2004-12-12 16:37  

初めての経験・・・

12月4日、早めのクリスマスパーティーがあり、出席しましたが、会場に入ってすぐ目に付いたのが、プレゼントの山の中にある骨のクッションでした。
ブルーとピンクがあったのですが、ピンクのクッションを一目見て気に入りました。
同席した友人や彼の家族とも話をしたのですが、今年の目玉の賞品はやはり、ピンクの骨々クッションです。
そばにいる大人や子ども達も一様に欲しがっていました。
アトラクションのマジックショーも終わり、いよいよ抽選会に入ったわけですが、
270名くらいの参加者に対し賞品の数が160個くらいとのこと、当たらないだろうなぁと思っていましたが、いよいよ骨の抽選になり、番号を読み上げられる前に、急に当たりそうな予感がし、手に持って高く掲げたところ、私に当たったのです。
私の番号が11番でしたが、抽選の担当者がみごと11番を引いてくれました。
友人はやらせだろうと言いましたが、そんな事はありません。
特別に強く念じたわけでもないのに、当たってしまいました。
こんな事は、初めてですが、まぐれなのでしょうか、それとも今年の運の付き納めなのでしょうか?
そんなわけで、骨と私の写真です・・・。
顔が見えないのはお許し下さい・・・まともに見られるようなものじゃないので・・・。
a0022752_958467.jpg

[PR]

by adroom | 2004-12-06 09:59