<   2004年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

環境シンポジウム

昨日(20日)環境シンポジウムが開催され、我が劇団も寸劇を上演しました。
10月に県の福祉環境部から依頼され、10月23日本荘市の尾崎小学校で初演、11月7日西目町チャリティーショーで2回目、11月13日由利小学校で3回目、そして昨日が4回目、12月11日西目小学校で5回目の公演予定であるが、好評のようであり、一安心です。
キャストの予定が取れなくて、一部ダブルキャストで上演しているが、回を重ねるごとに良くなっているようである。
県の担当者も喜んでくれているし、来年度も内容を変えて公演して欲しいとの依頼もある。
ゴミの分別の仕方などが解りやすくて良いとのことであるが、町によっては、一部収集の方法が違うところもあるようなので、その点も考えながら台本を作らなければいけないだろう。

来年の本公演の台本も書かなければいけないのだが、ようやくあらすじが決まりつつあるので、これから本腰を入れなければならない・・・。
a0022752_1061656.jpg

[PR]

by adroom | 2004-11-21 10:06  

13日の公演は・・・

大変やりがいのある公演でした。
まず、お客さんが沢山いてくれた。
全校生徒が約330名、先生が20名くらい、父兄が400名くらいはいたかな?
教頭先生の話では父兄は600名以上とのことでしたが、そんなにはいなかった・・・。
1時間以上も前に体育館に入り、音響のセッテイングや道具のセット、着替えなどをしていると、生徒が興味を持って覗きに来るし、そうこうしているうちに、教頭先生が、せっかく準備も出来たようですから、予定より30分早く上演してもらえませんか・・・とのこと。
我々も早くやってもよかったので、そのようにして、上演しました。
始まったとたん、生徒達の反応の良さに気づきました。
我々が呼びかけると、大きな声で返事をしてくれるし、笑わせたいところでは、しっかりと笑ってくれました。
ボランティア活動で、空き缶の回収作業もしているとのことなので、よけいそうかも知れませんが、環境教育が行き届いているのに驚きました。
小さな学校の方がやり易いのでしょうか?
生徒達の環境に対する取り組みの姿勢がわかり、演じている連中も楽しく演じることが出来たようです。

いずれ、公演の写真なども劇団のページに載せたいと思いますが・・・だれか写真を撮っているのかな?
ビデオは撮っているのですが・・・ビデオからでも取り込んで写真集にしたいと思います。
[PR]

by adroom | 2004-11-15 18:09  

明日は・・・・

現在上演している、忍者による環境劇の3回目の公演です。
昨日現場に行き、色々と確認してきましたが、さすがに今年3月竣工したばかりの小学校は綺麗ですね。
設備も新しいし、校舎内も、木をふんだんに使っていて、暖かみもあるし、廊下も広く教室もたっぷりとした広さでした。
外観は、昔の蔵のような感じで、白壁に腰板が黒、とてもシック? でいい感じの学校です。
我が町の小学校も、19年に新築になるようですが、あんな感じがいいなぁ・・・と思ってきました。
学校のすぐ前にグランドがあり、グランドと学校の入口の間は、クッション性のあるアスファルトでした。
あれだったら雨が降ってもすべりにくいだろうし、何よりも、歩いていても気持ちのいいものでした。
全校生徒数が328人とのこと・・・その割には広々とした学校でした。

ところで、13日の公演ですが、観客数は、生徒が328人、先生が20人位、参観する父兄が600人程度・・・合計すると1000人弱のようです。
あの体育館に果たして入れるのだろうか、聞いてみたらござを敷いて座ってもらうとのことですが・・・。
それにしても1000人近くもの人の前で公演するのは、うちの劇団は初めてです。
みんな上がらないで出来るのでしょうか・・・? 少々心配です。
私だって、かなり昔に新宿厚生年金会館で一度だけですから・・・。
まあ、やってみなければ解りませんが・・・いい経験にはなるでしょうね。

今日は一日中曇り空・・・白鳥もまだ来ません。
冬の名物、ハタハタもあと2週間くらいとか・・・でも、旧暦では10月1日なんですから無理もありませんね。
旧暦で言うと、今年はうるう月で2月が2回あるそうです。
それでまだ10月だとか・・・。どうりで温かいはずです。
[PR]

by adroom | 2004-11-12 17:08  

よく晴れた・・・・

素晴らしい青空でしたが、新潟中越でまた震度5強の地震がありました。
被災地で避難生活を続けておられる皆様には、お気の毒で、何とも言葉もありません。
雪が降り出す前に、一日も早い仮設住宅の完成を祈るばかりです。
この頃地震のことが気になって、あちこちの地震に関するHPを覗いてますが、結構あるものですね。
個人で観測して開設しているページがほとんどですが、中にはNPO法人として開設しているページもあります。
http://www.e-pisco.jp/
読んでいると、すぐにでも地震が起きそうなのですが、やはり普段から気を付けていることが大切なようですし、それなりの備えも必要なのでしょう。
a0022752_17272131.jpg

地震には関係ないのですが、今日の夕陽です。
漁港には20〜30人の釣り人がいましたが、何が釣れるのでしょうか?
アジ? ハタハタ? それとも鮭?
昨年は、県南の内陸から泊まり込みでハタハタを釣りに来ていた家族もいたようですが、今年も来るのでしょうか?
[PR]

by adroom | 2004-11-08 17:27  

西目川にも・・・

だいぶ前から、鮭が遡上しているようです。
西目川は、河口から300メートルくらい上流に、鮭を取る梁があり、そこから上流には鮭が遡上できないようになっているのですが、そこを飛び越えたり、雄があまり多いときは雄を上流に放流(?)する事があるらしく、上流にも鮭が遡上しているようです。
本当は、雄も雌も何匹でもいいから、上流に遡上させ、上流でも孵化させるようにすると川にも魚が増えていいことなのでしょうが、そんな事は考えてくれないようです。
こんな小さな川にも鮭が遡上してくるようになったら、子ども達は喜んでくれるし、生命の神秘を学ぶことができるのでしょうが、なかなか大人達はそこまで考えてくれようとはしません。
そこまで考えてこそ、初めてふるさとを守ることになると思うのですが・・・来年の漁協の話し合いの時には意見として出してみたいと思います。
a0022752_178542.jpg

でも、こんな小さな川ですが、珍しい魚が沢山棲息しているんですよ。
環境庁のレッドデータブックにに掲載されている種類も棲息しています。
タナゴの類、カジカの仲間、ホトケドジョウ、カワシンジュガイ・・・などなど、まだまだ自然があちこちに残っています。
この川を何とかして今以上に自然を保って、残したいものです。
[PR]

by adroom | 2004-11-06 17:09  

田臥勇太が・・・・

初試合で、7得点を上げたそうです。
フリースローも決め、スリーポイントシュートも決め、アシストもあったようです。
何はともあれ、おめでとう!!
日本人初のNBAプレーヤーとして、これから頑張り続けて欲しいと思います。
秋田県立能代工業を卒業し、ハワイの大学でバスケを続け、トヨタのチームに入ったものの、どうしてもNBAが諦めきれず、昨年は最終選考に残ることができず、残念な思いをしましたが、今年は、みごとサンズの最終選考に残り、今日の初試合で、第4クォータから出場し、初得点を上げたようです。
滑り出しはいいですね。
それにしても、日本人で初めてNBAのコートに立った感慨はひとしおのものがあったことと思います。

能代の体育館で初めて彼を見たときは、まだ高校一年生でしたが、並はずれたセンスで、チームの3年生を圧倒していました、彼のおじいさんと偶然隣り合わせの席だったので、色んな話を聞かせてもらい、それ以来彼のファンになってしまいました。
長男は中学3年間、次男は中学高校の6年間、バスケをしていたこともあって、とにかく色んな試合を観に行きました。
残念ながら、多臥君と家の次男が試合で対戦することはなかったのですが、(多臥君は次男より3歳上なのかな?)たまたま次男がセンター試験の受験のため秋田市内のホテルに泊まったときに、多臥君も試合で秋田市に来ており、同じホテルだったようで、練習帰りの多臥君と隣のコンビニで会い、ちゃっかり彼のサインをもらってきました。
私の仕事場にもコピーがありますが、トヨタにいたときの背番号が11番の時のもです。

何はともあれ、これからもどんどんフリースローや3ポイント重ね、不動のポイントガードとして頑張って欲しいものです。
身長はなくとも、NBAで通用するんだということを見せて欲しいと思います。
がんばれ、田臥勇太!!
[PR]

by adroom | 2004-11-04 16:46  

山古志村では・・・

集落のあちこちが、水没の危機にさらされているようです。
地震による崖崩れで、川がせき止められ、住宅が水没する・・・いままでの地震ではほとんど考えられなかったことが起きています。

そういえば、21年前の日本海中部地震の時もそうでした、日本海で津波が起きるなんてだれも考えもしなかったことが起きてしまったのです。
その津波に飲み込まれた小学生の遠足の生徒もいましたが、彼らも生存していれば30代になってるんですね。

私の住んでる町の海岸線から1キロくらい沖にも、活断層があり、その海域は地震の空白域に重なっているらしい・・・。
普段の備えでも防ぎきれないもの・・・それが地震なのでしょうか?
もっと真剣に被害にあったときのことを考え、その時に備えなければいけないのでしょう。
私の所にも良く来てくださる方のHPにもありましたが、浅間山とフォッサマグナ・・・これだって繋がりがあるかも知れません。東南海も危ないと言われてますし、関東地方もそのようです。
普段から、いつ起きてもいいような心構えも必要なのではないでしょうか。
また、その際に迅速に動き出せるような救急システムの構築、援助体制の構築も必要になるのでしょう。
何も起きないうちの準備が必要なのです。
a0022752_1635143.jpg

文章とは関係ありませんが、風力発電の風車も15基すべての試運転が行われています。
もし地震が来れば、これも無用の長物になってしまうのでしょうか?
[PR]

by adroom | 2004-11-02 16:36  

小千谷市の実情・・・・

劇団の卒業生? からメールが入り、小千谷市の実情が書かれています。
TVや新聞などでは報道されないような内容ですので、ぜひお読み下さい。
私は、これを読んで、憤りを禁じ得ません。
私たちは、何かをしなければいけないのです。
いま動かないで、いつ動くのですか?
*********************
どうか助けて下さい。

小千谷市役所、小学校での救援物資の配給や炊き出しなどを
手伝っていますが、現場は混乱しているし、人出も足りません。

そんな状況でマスコミの取材陣が50人近く現場を陣取ってます。

心労と肉体的疲労が積もっている被災者の方々に当然のように
マイクを向け、カメラをまわし続ける神経も理解できません。

現地では今「大人用の紙おむつ」が不足しています。
「赤ちゃん用の紙おむつ」は足りています。
あとはトイレが使えなかったり、下着を替えられなかったり
するので「パンティ ライナー」があると重宝しますが、
こちらではもう品切れで手に入りません。


夜の寒さが厳しいです。

お年寄りは使い捨てカイロをもむことすらできないので
「貼るカイロ」が必要です。
マスコミの仕事はこういった情報を伝えることだと思うのですが‥。

今日はこのあと小千谷小学校に小泉首相が来るということで、
マスコミ報道人数はふくれあがり「毛布の配給が出来ないので
小泉さんが帰るまで待つように‥」という連絡が入りました。

一体何の為の視察なんでしょう?

午前中にも数名の政治家さんが小学校に来ましたがトイレは
どこかとたずねられ、仮設トイレを案内したところ
「私に仮設トイレを案内するつもりかね?」と言われたそうです。

いったいこの国は、どうなっているんでしょう?


現地では大人用の紙おむつと、パンティライナー、貼るタイプの
カイロを必要としています。
「小千谷市の被災者が求めているもの情報」を伝えてください。

あなたのblogやHPの中でただ伝えるだけでかまいません。
皆さんの声が企業や行政を動かします。

小千谷市にも続々と個人の方からの救援物資が届いています。
有り難うございます。
しかしそれを種類別に分けて配布する人出がありませんので、
以下の点に注意して送っていただけると大変助かります。

段ボールには、外側に「毛布」「洋服」「下着」など中身を
大きく書いて貰えると助かります。

靴下1足下着1枚でも有り難いのですが、もし出来れば
ご近所の方と声を掛け合って、ある程度まとまった数があると
とても助かります。

送り先の住所はこちらです。

〒947-8501 新潟県小千谷市城内2-7-5 小千谷市役所あて

お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。
[PR]

by adroom | 2004-11-01 11:38